NEWS記事詳細

突合せ継手の食い違い仕口のずれの検査・補強マニュアル
告示第1464号対応マニュアル


突合せ継手の食い違い仕口のずれの検査・補強マニュアル
告示第1464号対応マニュアル

独立行政法人 建築研究所/監修
[H22.12月 第1版第2刷補正版発行]


 性能規程化による建築基準法体系では要求性能は、最終的にできあがった建築物に付与されるべきものであるという基本原則から具体の加工・施工の過程での性能の担保が改めて認識されることとなり、中間検査等の制度が新たに導入された。具体的な加工・施工の問題として、鉄骨造では、突合せ継手の食い違いや、柱はり仕口のずれ等について、その許容度が告示第1464号で規定されたが、同時にただし書きとして、これら許容値を満たせない場合は「適切な補強」で対応できるとしている。
本マニュアルは、これまであまり検討されてこなかった加工・施工の誤差に対する対策を、現時点での最新の知見としてまとめたものであり、鉄骨加工者のみならず、設計者や監理者等にもそれぞれの立場で鉄骨造建築物の精度・品質確保のために役立つ内容となっている。
(監修のことばから抜粋:独立行政法人 建築研究所理事 山内 泰之氏)
体裁:A4判312頁 定価:5,500円(税込み) 送料:1冊 520円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら