鋼構造ジャーナル記事詳細

20081124

2008年11月24日号 NO.1380

●山梨県鉄構工業会/愛知県のHファブ、美建で研修
●S造は37都道府県で増加/国交省9月の着工統計
●東京都鉄骨工場登録機構/29日に技術講習会実施
●連載講座(4)/「溶融亜鉛めっき加工における留意点」
●木下工業(福井)/新工場完成、落成式典に150名
●特集/建築用鋼材の現状
●新社長/苅建工業(岐阜県)/苅谷錠次氏
●Esフレーム/大臣認定取得へ実大実験実施
●東北版
●近畿版
●セイケイ/8千トンプレスが本格稼働

千葉県鉄骨工業会が創立30周年

山本・全構協会長ら250名が出席

次の10年に向かって事業推進

 協同組合千葉県鉄骨工業会(理事長=古橋久・古橋鉄工所社長)は14日、千葉市のホテルスプリングス幕張で創立30周年を記念して講演会、記念式典、祝賀会を開催した。式典には全構協の山本康弘会長、全構協関東支部の各県理事長ら業界関係者、白戸章雄・千葉県副知事ら、官公庁・議員、組合員、賛助会員ら関係者250名が出席した。

(写真=250名が出席して盛大に行われた30周年記念式典。)
 

山梨県鉄構工業会

愛知県のHファブ、美建で研修会

組合員ら25名が参加

 山梨県鉄構工業会(理事長=神宮司正人・ジンテツ工業社長)は15日、研修事業の一環として、愛知県のHグレードファブ、美建(豊橋市大清水、植松要治社長)を訪問した。当日は組合員のほか、同組合青年部会会員も含め25名が参加。溶接ロボットの活用事例や、中部地区で動いている大型プロジェクトの動向などで意見交換を行った。

(写真左=会社概要と取り組み事項の説明を受ける、写真右=仕口反転ロボやモニターシステムを見学)
 

東京都鉄骨加工工場登録制度

今月29日に技術講習会を実施

 東京都鉄骨加工工場登録制度推進機構は今月29日、東京都千代田区神田佐久間町の日本溶接協会会議室で、平成20年度技術講習会(技術講習会A)を実施する。

新工場が完成、見学会を催す

木下工業(福井) 落成式典に150名が参集

 福井県のHグレードファブ、木下工業(春江工場=坂井市春江町辻2-5-1、木下好正社長)は12日、新工場(第2工場)の工場見学会を現場で、落成式典を福井市のユアーズホテルフクイでそれぞれ実施した。式典には約150名が祝いに訪れた。
(写真左=落成式典であいさつする木下社長、写真右=盛況となった落成式典)
 

超HTBの保有耐力を実証

Esフレーム

大臣認定取得へ実大実験実施

 建築用基礎杭とコラム柱の一体構法として特許を取得しているエコスフレームの施工総代理店(社名は構法名と同じ=本社・京都府久世郡久御山町佐山TEL0774・43・9791)は10月29日、京都府八幡市の大阪工大八幡試験場で、杭と柱を接合する超高力ボルトの保有耐力を確認すべく、実大実験を実施した。
(写真=試験体の破壊挙動を確認)
 


▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら