鋼構造ジャーナル記事詳細

20150406

2015年4月6日号 NO.1712

●低層物件で工場用途が拡大/国内投資に回復の兆し
●2月の鉄骨需要は44万トン/国交省建築着工統計
●日本免震構造協会/沢田研自専務理事に聞く
●東京鐵骨橋梁/坂本眞副社長が社長に昇格
●ナスラックNK深谷工場/重軽量鉄骨加工の新工場
●新社長登場/藤木鉄工(新潟県)・熊倉𠮷野家一氏
●鉄構ファブ各社入社式/将来の中核をなす人材
●実録『労働訴訟』④/民事裁判の実例・2審の判断
●関東版
●北陸版
●「TNB」例会/フアブコン九州と丸久鋼材を見学

「固形タブ実演講習会」を開催

「EGアークタブ」を学ぶ

東構協・青年経営者委員会

 東京鉄構工業協同組合の青年経営者委員会(幹事長=吉岡晋吾・吉岡工業専務)は3月28日、同組合教育・技術委員会(委員長=中川内伸吉副理事長・中川鐵工所社長)と共催で、「固形タブ実演講習会」を東京都江東区の中川鐵工所で開催した。
(写真=中川鐵工所の解説風景)

20150406-2

東京鐵骨橋梁

坂本眞副社長が社長に昇格

岡崎雅好社長は顧問に

 東京鐵骨橋梁(本店・東京都中央区京橋2―17―4、本社・茨城県取手市下高井1020)は、3月27日に開いた臨時株主総会ならびに4月1日開催の臨時取締役会で、代表取締役、取締役および執行役員の異動を決定。3月31日付で岡崎雅好社長が代表取締役を退任し、4月1日付で代表取締役社長に坂本眞代表取締役執行役員副社長が就任した。岡崎前社長は顧問に就いた。
(写真=坂本眞新社長)

20150406-3

ナスラックNK深谷工場

重軽量鉄骨加工の新工場が完成

最新の全自動ラインを披露

 東建グループの住設建材総合メーカーのナスラック(本社=名古屋市中区、左右田鑑穂社長)がNK深谷工場で建て替えを進めていた最新の重軽量鉄骨加工ラインを有する第一工場が完成し、3月26日に現地で同社社員や取引関係者ら40名を集めて落成式を開いた。
(写真=新工場落成式であいさつする左右田社長)

20150406-4

ファブコン九州と丸久鋼材を見学

「TNB」が福岡で定例会

グループの協力体制強化へ

 鉄骨二次部材加工グループ(通称・TNB、会長=福岡賢・福岡社長)は3月20日、福岡県の鋼材特約店、丸久鋼材(久留米市太郎原町、待鳥寿社長)で定例会を開催。今回は同社工場と会員企業、ファブコン九州(朝倉郡筑前町、手嶋誠社長)での見学研修会も実施した。
(写真=TNB定例会(丸久鋼材))

20150406-5

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら