鋼構造ジャーナル記事詳細

20110328

2011年3月28日号 NO.1502

●東日本大震災被害/輸送障害、工事中断、稼働率低下
●H形鋼3カ月続伸でトン8万円/物調3月価格調査
●『東日本大震災関連ニュース』
●シャーリング業界の『今』/イシキリスチール
●特集・建築用鋼材/鋼材流通と部材加工
●東北版
●首都圏版
●新鉄構企業訪問/(有)田中製作所(千葉県)
●栃木鉄骨業協組/鉄骨工事用「吊り金具」全国発売
●新潟県鉄骨組合/今年度「分離発注」2物件を納品
●愛知県鉄構組合H部会/東日本大震災の影響出る

一部ファブで連絡が途絶えたまま

甚大な被害を与えた東日本大震災

「復旧めど立たず」悲痛な声も

 東日本大震災は関東から東北地方にかけて甚大な被害を与えたが、23日現在、宮城、岩手両県沿岸部など一部の鉄骨ファブと連絡が途絶えたままで、いまだに全容が把握できない緊迫した状況にある。
(写真=倒壊した大型店舗(仙台市宮城野区))

東日本大震災の被害による影響

業界に計り知れないダメージ

輸送障害、工事中断、稼働率低下

 数多くの人命と家屋、そして人々の暮らしを一瞬にして奪った東日本大震災――。今日(23日)現在も、岩手県や宮城県の沿岸部に所在する被災地の一部の鉄骨ファブリケータ―とも連絡がとれないという緊迫した状況が続いている。甚大な被害に加えて道路寸断や燃料不足による輸送面の障害、建設現場の作業中断、計画停電による工場稼働率の低下など新たな課題も浮上している。
(写真=地面の液状化(新浦安駅周辺))

H形鋼3カ月続伸でトン8万円

先行き、強含み推移の公算大

物調の3月資材価格調査

 建設物価調査会は3月上旬に調査した主要建設資材の価格動向をまとめた。このうち東京地区の鋼材関係は、H形鋼についてはメーカー各社が原材料価格の上昇で、仕切価格を引き上げ、流通各社もメーカーに追随し、売り腰を強めている。需要家は需要減少を背景に発注を控えており、浸透は一部だが、前月比2000円アップのトン8万円となった。異形棒鋼は、前月比2000円アップのトン6万5000円。

小型で高耐久、低価格を実現

鉄骨工事用「吊り金具」を全国発売

栃木県鉄骨業協同組合

 栃木県鉄骨業協同組合は、鉄骨工事で用いる仮設部材の吊り金具を、小型で高耐久、低価格化を実現した「吊り金具・歪直し金具」を開発、4月から全国発売する。
(写真=吊り金具「T4、T5、T6」(左から))

今年度「分離発注」2物件を納品

Mファブ2社が工事範囲を完了

新潟県鉄骨工業組合

 新潟県鉄骨工業組合(理事長=並川栄三・藤木鉄工社長)が取り組んでいる公共の耐震補強工事における鉄骨製作分野の『分離発注』事業は、工期である15日までに無事に完了した。
(写真=フェブ・エスで製作した鉄骨ブレース)

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら