鋼構造ジャーナル記事詳細

0928

2015年9月28日号 NO.1737

●関東Hグレード協議会/営業・技術者交流会開く
●全構協/北海道支部との意見交換会を開催
●H形鋼は7万6000円/物調の9月資材価格調査
●小山田義身氏の合同葬/800名余が故人偲び参列
●大手ファブトップ⑩/駒井ハルテック・田中進社長
●大手ファブトップ⑪/IHIインフラS・井上明社長
●特集/鉄骨2次部材市場動向・有力企業紹介
●四国版
●九州版
●全国ビルトH・東日本支部/札幌で研修会を開く
●インタビュー/新生「ハタリー」・宇佐美正則社長

営業・技術者交流会開く

関東Hグレード協議会

実務担当者が状況・課題など情報交換

 関東Hグレード協議会(会員44社、会長=太田昌志・太田鉄工社長)は18日、東京・千代田区のアルカデイア市ヶ谷で『営業担当者・技術者交流会』を開いた。業界の環境や技術動向等について、各社経営陣にとどまらず実務担当者レベルでも対話を促し、より高い水準の情報を共有化することを目的に12年から不定期で開催しているもの。会員20社から営業担当者24名、技術者10名が参加した。

(写真=各テーブルで活発な討議)

0928-01

北海道支部との意見交換会

全国鐵構工業協会

 全国鐵構工業協会(会長=米森昭夫・ヨネモリ会長)は16日、北海道札幌市のセンチュリーロイヤルホテル札幌で北海道支部との意見交換会を開催した。北海道支部から竹原巌支部長(竹原鉄工所社長)ら執行部が参加。全構協役員と事業活動を中心に意見を交換した。
(写真=活発に意見を交換)

0928-02

小山田義身氏(全構連第3代会長)の合同葬

故人偲び800名余が参列

 1982年5月から86年5月まで全国鐵構工業連合会(当時)の第3代会長を務めた小山田義身氏(小山田工業所相談役)が8月16日に逝去、今月16日に岩手県盛岡市の盛岡グランドホテルで小山田家、小山田工業所、オヤマダエンジニアリングの合同葬が執り行われた。約800名余が参集し、故人の冥福を祈った。
(写真=遺影が飾られた献花会場)

0928-03

中間期審査改定で研修会開く

全国ビルトH・東日本支部

50度開先のPR活動を推進

 全国ビルトH工業会・東日本支部(支部長=河本龍一・カワモト社長)は16日、支部会員ら約20名を集めて北海道札幌市で研修会と定例会を開いた。
(写真=札幌に集結。あいさつする河本支部長)

0928-04

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら