鋼構造ジャーナル記事詳細

1207

2015年12月7日号 NO.1747

●東京鐵骨橋梁と片山ストラテック/経営統合で合意
●10月の鉄骨需要は約42万㌧/国交省建築着工統計
●AW検定協議会・西日本/設立20周年記念式典を開催
●インタビュー/Dスルー施工連絡会・秋山孝広会長
●「新日鉄住金・関西建燦会」/第2回総会に150名
●三浦建設工業(青森)/柱大組ロボや切断機増設
●特集/アンカーボルト・JIS規格が改訂
●近畿版
●四国版
●全国厚板シヤ工組/切板取引適正化の取り組み強化
●岡部/茨城・下妻市に「茨城工場」が完成

東京鐵骨橋梁と片山ストラテック

経営統合で合意、吸収分割契約を締結

来年11月までに統合完了へ

 東京鐵骨橋梁(本社・茨城県取手市、坂本眞社長、以下=東骨)と片山ストラテック(本社・大阪市、石原靖弘社長、以下=片山)は、両社の経営統合について合意し、12月1日に吸収分割契約を締結した。来年11月までに経営統合を完了し、新社名のもと統合会社としてスタートを切る。
(写真=(上)坂本・東骨社長、(下)石原・片山社長)

1207-01-01

1207-01-02

設立20周年記念式典を開催

検定員の活動に理解求める

AW検定協議会―西日本―

 AW検定協議会―西日本―(代表=椿英顯・竹中工務店大阪本店設計部監理部門専門役)は11月27日、大阪・心斎橋のホテル日航大阪で設立20周年記念行事を開催した。同協議会・西日本は1996年に発足し、現在は会員63名と協力企業などの検定員9名の合計72名で検定事業を行っている。
(写真=設立20周年を祝う式典のもよう)

1207-02

「新日鉄住金・関西建燦会」

第2回総会に約150名が参集

関西市場のポテンシャルに期待

 新日鉄住金は11月27日、大阪市北区天満橋の帝国ホテル大阪で「新日鉄住金・関西建燦会・第2回総会」を開催。当日はグループ会社や有力ファブ、厚板など部材加工、鋼材材商社など取引先関係企業から合計約150名が参加した。
(写真=関西の有力ファブら約150名が参集した)

1207-03

岡部

茨城・下妻市に新工場「茨城工場」が完成

「ベースパック」など構造機材製品を生産

 構造機材製品メーカー、岡部(本社・東京都、廣渡眞社長)は、茨城県下妻市に建設していた新工場が完成し、11月19日、現地で竣工式・祝賀会を行った。式典には、廣渡社長ら岡部首脳、来賓の茨城県・下妻市関係者、設計、施工など工事関係者ら約100名が出席し新工場完成を祝った。
(写真=約100名が出席した竣工式のもよう)

1207-04

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら