鋼構造ジャーナル記事詳細

0222

2016年2月22日号 NO.1758

●15暦年用途規模別需要/事務所、工場の大型化顕著
●国交省・第3四半期建築確認/申請、確認とも微増
●2015暦年建設工事受注/全体で81兆7765億円
●オカモト鐵工・岡本征雄社長が写真集「富士山」出版
●柏陽鋼機/創立70周年・佐藤二三昭社長に聞く
●NDコア・ユーザールポ/稲垣鉄工(三重県)
●関東版
●四国版
●栃木県・「ひかり会」が第48回定時総会
●阪和・SKE(東京・東北)安全協力会を開催
●コンドーテック/長野営業所を開設

本紙調査 15年暦年用途・規模別需要

事務所、工場の大型化が顕著

店舗等減少で需要構造に変化

 国土交通省の建築着工統計による15年暦年の鉄骨需要量は総計で前年実績比0・7%減の504・7万㌧(14暦年総計508・3万㌧)と3年連続で500万㌧台を確保した。その一方で昨年末から年明けにかけて「昨年ほどの繁忙感はない」(Mグレード)や「工場稼働率が低下」(Rグレード)などの声は少なくない。その要因として工程ズレの常態化をあげる関係者は多いが、需要量の用途や規模などを分析すると事務所や工場の大型化、店舗の大幅減少など需要構造に変化が生じている実態が浮き彫りになっている。データをもとに15年の需要傾向を調査した。

写真集「富士山」出版

岡本征雄氏が喜寿記念に

オカモト鐵工社長(福井)

 福井県のHグレードファブ、オカモト鐵工(福井市上森田1―102―2)の岡本征雄社長が77歳の喜寿を記念し、2冊目となる写真集「富士山」(約80㌻)を出版した。1冊目は70歳の古希を記念して出版している。今回の写真集は「富士山への愛着と、富士山からの卒業」の意味が込められたものとなった。
(写真=ベストショットに目を細める岡本社長(上)、2冊目となる写真集「富士山」。岡本社長が喜寿を記念して出版(下))

0222-01-01

0222-01-02

阪和・SKE(東京・東北)安全協力会

無事故・無災害目指し

恒例の年頭安全大会開く

 阪和興業東京本社・東北支店の協力ファブ・現場工事会社、阪和興業の子会社で現場請負工事を手掛けるエスケーエンジニアリングなどで組織する阪和・SKE(東京・東北)安全協力会は12日、東京・中央区内で年頭の安全大会と安全祈願祭を執り行った。会員企業約60社から80名余りが参加した。
(写真=安全大会のもよう)

0222-02

新日鉄住金名古屋製鉄所を見学

懇親会で「情報交換」も行う

全国R・Jグレード部会連絡会

 全国R・Jグレード部会連絡会(会長=松枝建次・松枝興業社長)は10日、恒例の見学会を新日鉄住金の名古屋製鉄所(愛知県東海市)で約20名が参加し、開催した。
 名古屋製鉄所では、ゲストルームで歴史や概要の説明を受けた後、バスで入所。製品岸壁を通過し、転炉へ溶銑を装入する様をバス内から見学しながら広い敷地内を移動。マンテル展示場で9年前まで実際に稼動し、廃炉になった高炉の一部を見学、これを背景に記念写真を撮った。
(写真=巨大な廃高炉や稼働中高炉をバックに記念撮影)

0222-03

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら