鋼構造ジャーナル記事詳細

0411

2016年4月11日号 NO.1765

●JSCAが賛助会員との技術交流会/最新免震機材
●山梨県鉄構溶接協会/新入社員の合同社員教育実施
●S造は21県で増加/国交省都道府県別建築着工統計
●日構専平成28年度入学式/ファブ子弟など21名入学
●非破壊検査協会/新制度移行、一部で試験合格率低下
●鉄構・関連団体の入社式/希望抱き新社会人に
●設備投資を支える両輪/「主要補助金と優遇税制」
●大川スティール(新潟)/開先加工機など設備更新
●新鉄構企業訪問/㈱高山鉄工所(新潟)
●中国版
●九州版

JSCA賛助会員との技術交流会

免震関連機材などの最新情報紹介

 日本建築構造技術者協会(略称・JSCA)はJSCA建築構造士資格の登録更新のための定期講習会・指定講習会の一環として、3月31日に東京・千駄ヶ谷の「けんぽプラザ」で2015年度 第2回「JSCA賛助会員との技術交流会」を開いた。7社が免震関連機材や構造計算ソフトなどのプレゼンテーションを行った。約80名が参加し、構造設計上や施工時の注意点など、活発な質疑も行われた。
(写真=約80名が参加、施工時の注意点など活発な質疑も展開)

0411-01

日構専が平成28年度入学式

ファブ子弟ら21名が入学

 日本溶接技術センター付属日本溶接構造専門学校(略称=日構専、大北茂学校長)は4日、鉄骨ファブの子弟ら21名の新入生を迎え、神奈川県川崎市の同校講堂で平成28年度入学式を挙行した。
(写真=新入生と教職員で記念撮影)

0411-02

全構協

「鉄骨ガールと工場見学」

求人PR用DVDが完成

 全国鐵構工業協会(会長=米森昭夫・ヨネモリ会長)が制作を進めていた求人対策用DVD「鉄骨ガールと工場見学/ファブリケーター・鉄骨製造業という仕事」がこのほど完成、同協会構成員に配布した。
(写真=全構協制作の求人対策用DVD「鉄骨ガールと工場見学/ファブリケーター・鉄骨製造業という仕事」)

0411-03

非破壊検査協会・諮問委員会

新制度移行、一部で試験合格率低下

申請書式を記入しやすく修正

 日本非破壊検査協会(略称・JSNDI、会長=廣瀬壮一・東京工業大学教授)は3月29日、東京・亀戸の協会会議室で「2015年度第1回諮問委員会」を開いた。各委員会の経過や、JIS Z 2305に基づく資格試験結果・認証登録件数・次年度試験予定などが報告された。
(写真=第1回諮問委員会のもよう)

0411-04

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら