鋼構造ジャーナル記事詳細

20131125

2013年11月25日号 NO.1641

●全構協理事会/社会保険加入調査への対応など協議
●国交省/上半期の建築確認・申請件数は2桁増
●H形鋼4カ月続伸の7.7万円/物調の11月資材価格
●建専連全国大会/「建設産業の再生と発展の実現」を
●特集/「露出型固定柱脚工法」
●MCSスチール(タイ)/溶接外観検査実技講習会
●関東版
●中部版
●JSSC/「鋼構造シンポ2013」に350名参集
●東京製鉄・12月契約/9カ月ぶりに全品種値上げ
●岩谷瓦斯/千葉にハイドロカット製造施設を建設

社保加入調査への対応など協議

賀詞交歓会の日程など報告

全構協が理事会を開催

 全国鐵構工業協会(会長=米森昭夫・ヨネモリ会長)は14日、東京都中央区の鉄鋼会館で今年最後の理事会を開催した。社会保険加入状況アンケート調査への協議や建築工事費調査への適切な対応を再確認したほか、来年1月の賀詞交歓会の日程(1月17日)と内容を報告した。
(写真=建築工事費調査への対応も再確認)

「建設産業の再生と発展の実現」

若年層の入職促進を目指して

建専連が全国大会を開催

 建設産業専門団体連合会(会長=才賀清二郎・才賀組会長、略称・建専連)は14日、東京都港区の日本消防会館・ニッショーホールで全国から会員38団体の構成員など約600名を集め、「建設産業の再生と発展の実現に向けて~若年層の入職促進の取り組み~」をテーマに、平成25年度全国大会を開催した。
(写真=若年層の入職でPD)

千葉にハイドロカット製造施設を建設

岩谷瓦斯

東西2拠点で全国展開図る

 イワタニグループの産業ガス製造を担う岩谷瓦斯(本社・大阪市中央区、宮川隆史社長)は、溶断用水素混合ガス「ハイドロカット」の販路拡大を図り、同社千葉工場(市原市五井海岸)に隣接するJNC石油化学・市原製造所の敷地に製造設備を備えた千葉第二工場を建設した。今月から稼働を開始し、同社姫路工場内に設けた製造施設とともに東西2拠点体制で全国規模の事業展開を狙う。
(写真左=竣工した千葉第二工場、写真右=あいさつする宮川社長)

炉を作り砂鉄で鉄を精製

全青会・中国ブロック

ゆかりある出雲地方で実施

 全国鐵構工業協会・青年部会(略称・全青会)の中国ブロック会(会長=藤井実・志田原鉄工社長)は16日、島根県のファブ、石川鉄工(松江市東出雲内馬、石川澄男社長)の工場で、鉄について知識を深めようと研修事業の一環として製鉄作業を行った。火柱に原料を投入するなど、たたら製鉄を再現した。
(写真=砂鉄を投入する会員)

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら