鋼構造ジャーナル記事詳細

20140317

2014年3月17日号 NO.1657

●全構協九州・中国・四国支部/鹿児島で合同理事長会
●S造は24県で増加/国交省1月の都道府県着工統計
●JSCA東北支部/ムラヤマ山形工場で鉄骨研修会
●鉄骨製作管理技術者登録機構/第2回運営会議を開催
●溶融亜鉛鍍金協会の4社/建築センターの評定取得
●永田鉄工(長崎)/ショットブラスト機を更新
●特集/震災復興・国土強靭化2014
●関東版
●中国版
●アマダマシンツール/新型3軸ドリルマシン発売
●関東Hグレード協議会が総会/長野4社の加入承認

業界の地位向上に向け協議

全構協九州・中国・四国3支部

鹿児島で合同理事長会を開催

 全国鐵構工業協会の九州支部(支部長=角毅四郎・博陽工業社長)と同中国支部(支部長=妹尾一人・サンベルコ社長)、同四国支部(支部長=藤原勝彦・金光鉄工社長)の3支部は7日、鹿児島市の城山観光ホテルで3支部合同理事長会を開催し、各地域間の交流活性化を促進するとともに業界の地位向上に向け意見交換を行った。この合同会は各支部間の交流促進のために3支部持ち回りで毎年開催しており、今年で12回目。当日は各県組合の執行部ら約40名が一堂に会した。
(写真=各県組合の執行部ら約40名が出席)

JSCA東北支部(宮城)

ムラヤマ山形工場で鉄骨研修会

製品検査と溶接実習に励む

 日本建築構造技術者協会東北支部(支部長=加藤重信・建築構造センター東北事務所所長)は1日、山形県のHグレードファブ、ムラヤマ(村山功社長)の本社・山形工場で設計者36名参加のもと、「鉄骨研修会」を開催した。
(写真=製品検査コース)

鉄骨製作管理技術者登録機構

第2回運営会議を開催

鉄骨業界PR用DVDを配布へ

 平成25年度「鉄骨製作管理技術者登録機構第2回運営会議」が11日、東京都中央区の鉄鋼会館で開催され、建築鉄骨業界PR用DVDの制作完了を受けて、全国鐵構工業協会構成員と鉄骨建設業協会会員などへの配布を承認した。
(写真左=鉄建協・川田会長(右)と全構協・米森会長、写真右=鉄骨業界PR用DVD)

三重県鉄構工協組

セイケイ、オーエム工業を見学

初の県外研修に25名が参加

 三重県鉄構工業協同組合(理事長=玉木信介・中央鐵骨社長)は6日と7日、大阪府堺市の冷間成形角形鋼管メーカー、セイケイ(本社・栃木県佐野市栄町)の堺製造所(堺市西区築港新町)と、西日本大手の溶融亜鉛めっき加工業者、オーエム工業(本社・大阪市住之江区北加賀屋3―3―44、高松伸吾社長)の本社・住之江工場を見学した。組合初の旅行を兼ねた県外研修で、組合員25名が参加し、国内最新のコラム成形ラインと溶融亜鉛めっき技術を視察した。
(写真=最新技術を学ぶため25名が参加)

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら