鋼構造ジャーナル記事詳細

20140616

2014年6月16日号 NO.1670

●全構協/岸部直喜氏ら新理事6名を選出
●S造は19県で増加/国交省都道府県着工統計
●新理事長/広島県鉄構工業会・山本泰德氏
●建専連が総会/「ノー」といえる企業集団めざす
●福岡県建築鉄骨協議会/津田惠吾新会長に聞く
●全国鉄骨評価機構/第7回株主総会を開催
●西澤製作所(長野)/H形鋼ドリルマシンを更新
●都城市郡医師会病院2500トン/地元H3社で製作
●近畿版
●中国版
●新鉄構企業訪問/佐々喜興業㈱(秋田県)

「ノー」といえる企業集団めざす

富士教育支援センター建て替え支援へ

建専連が総会

 建設産業専門団体連合会(会長=才賀清二郎・才賀組会長)は4日、東京・霞ヶ関の東海大学校友会館で、第13回通常総会を開催し、14年度事業計画、収支予算などを審議、承認した。
(写真=建設産業の再生と発展に引き続き取り組む)

全鉄評が第7回株主総会を開催

性能評価事業は279件に

 全国鉄骨評価機構(千代一郎社長、略称・全鉄評)の第7回定時株主総会が6日、東京・日本橋茅場町の鉄鋼会館で開催された。
(写真=あいさつする千代社長)

JFEシビル

システム建築協力会全国大会

「次期中期、売り上げ800億円目指す」

 JFEシビル(本社・東京都台東区、藤井善英社長)は5日、福岡市博多区のグランドハイアット福岡で「14年度JFEシステム建築協力会全国大会」を開催し、同社のシステム建築商品の施工に携わるゼネコンやファブリケーターなどの会員ら約180名が参集した。全国大会では売り上げに貢献した会員の実績表彰が行われ、メタルテックなど10社が優秀賞を受賞した。
(写真=ファブなど約180名が参集)

溶接技術競技大会を開催

高校の部で後藤君(韮崎工業高校)が優勝

山梨県鉄構溶接協会

 山梨県鉄構溶接協会(会長=中出英三・山梨建鉄会長)は7日、甲府市のポリテクセンター山梨で平成26年度第47回山梨県溶接技術競技大会・第6回山梨県高等学校溶接競技会を開催した。当日は、溶接技術競技大会に被覆アーク溶接の部8名(4社)、半自動溶接の部21名(12社)、また高等学校溶接競技会には32名(8校)が出場し、日頃の腕を競い合った。
(写真=中出会長(左から3人目)、優勝した後藤君(同2人目))

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら