鋼構造ジャーナル記事詳細

20150126

2015年1月26日号 NO.1702

●全構協賀詞交歓会/技能・技術者〝教育元年〟の年に
●H形鋼は横ばいの8万円/物調の1月資材価格調査
●宮地エンジニアリング/松本発電所が竣工・発電開始
●JSCA関西支部/阪神大震災企画講演会を開催
●ジャパンプローブ/新ソフトプローブ「柔探」発売
●ファーストクルー/BIM対応・FAST LINK
●七祐建設(高知)/綾川工場にロボット移設
●全国鉄労協春闘方針/定昇完全実施6千円以上
●関東版
●近畿版
●「新ものづくり補助金」/2次募集採択ファブ39社

技能・技術者〝教育元年〟の年に

全国鐵構工業協会

200名集め賀詞交歓会開

 全国鐵構工業協会(会長=米森昭夫・ヨネモリ会長)は16日、東京・中央区の鉄鋼会館で、会員、賛助会員、来賓関係者ら約200名の参集のもと、平成27年新年賀詞交歓会を開催した。当日は同所で理事会、全国理事長会も開催され、とくに理事会では「建築鉄骨超音波検査技術者資格取得促進のための特別措置」が承認された。
(写真=賀詞交歓会会場)

松本発電所が竣工・発電開始

太陽光発電事業をスタート

宮地エンジニアリング

 宮地エンジニアリング(青田重利社長)は16日、長野県松本市に建設を進めていた太陽光発電所「宮地エンジニアリング松本発電所」の竣工清祓式を開催した。当日は青田社長ら関係者約60名が出席するとともに、来賓として松本市の坪田明男副市長も臨席した。
(写真=約60名が出席した竣工式)

阪神大震災企画講演会を開催

JSCA関西支部

「あの体験と教訓を語り継ぐ」

 日本建築構造技術者協会(略称・JSCA)の関西支部(支部長=安井雅明・大林組建築事業部構造設計部部長)は14日、大阪市内の建設交流館で「震災の記憶―1995・1・17+20年~構造技術者としてあの体験と教訓を語り継ぐ」をテーマに講演会とパネルディスカッションを開催した。
(写真=壇上で思いを話すパネリスト)

七祐建設(高知)

綾川工場に本社からロボット移設

本社工場にもショットなど新設

 高知県のHグレードファブ、七祐建設(本社・南国市奈路88、前田耕作社長)は昨年1年をかけて、一昨年春から本格稼働を開始している綾川工場(香川県綾歌郡)に本社工場から長菱エンジニアリング製の溶接ロボット1台を移設するとともに、本社工場内に新東工業製のショットブラスト1台、アマダ製のレーザー切断機1台(タイワのCAD・実寸法師と連動)を相次いで新設。そしてCADも2工場で、ドッドウエル B・M・S製の「S/Fライナー REAL4」15台体制を確立している。
(写真=アマダ製のレーザー切断機)

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら