TOPICS記事詳細

賀詞交歓会に450人参集

  • 鉄骨建設業協会
    高難易度物件に積極的に対応

 鉄骨建設業協会(会長=田中進・駒井ハルテック社長)は8日、東京都千代田区のホテル グランドアーク半蔵門で会員、賛助会員、来賓ら関係者約450人を集め、新年賀詞交歓会を開催した。
 冒頭のあいさつで田中会長は、今年度の鉄骨需要について「上期需要は前年同期比8・3%減の248万㌧で推移。通期で480万㌧前後になるのではないか。ただ、大型再開発案件の着工計画が順調に進んでおり、特に20年度後半以降は繁忙な状況になる」との見通しを示した。
(写真=会員、賛助会員、来賓ら関係者約450人が参集)
20200113-00

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら