鉄構造技術

超高層ビル、デザイン建築、空間構造など建築はますます多様化へ。

『鉄構技術』は鉄骨造建築の魅力を伝えると共に、ディテールなど細部にこだわり、設計、施工、ファブのコラボレーションを読者に伝えます。

オールカラーの「見やすい誌面」で、「読者の架け橋」となる雑誌へ。

2018年12月号 VOL.31 NO.367

201812-01

・[特集] 鉄骨ものづくりのいま。
・[gallery] 気仙沼市魚市場
・[論文] 立体解析と非線形振動解析〈下〉
・[Topics] 学生サマーセミナー2018
・[News] 東京五輪2020組織委員会 「有明体操競技場」大屋根のリフトアップ公開
・[News] 日建設計 構造設計グループ企画展示 「STRACTS」開催
・[人HUMAN] 手塚純一さん

・東京五輪競技施設の現場、ファブのものづくりと品質は。

 データ改ざんなど不祥事が相次ぐ日本の「ものづくり」。特集は「鉄骨ものづくりのいま。」で①東京五輪施設建設の現在②全国鐵構工業協会(全構協)の「鉄骨技術研究開発助成制度」入選によるファブの研究成果論文2題③「鉄骨製作管理技術者」の平成30年度試験問題1級・2級の試験問題と解答、の3部で構成。東京五輪施設は建設が本格的な7施設の現場を紹介。「鉄骨技術研究開発助成制度」は、全構協がスタートさせた新制度で、掲載2題は第1回の研究成果となる。「鉄骨製作管理技術者」試験問題と解答にも注目。

・特集:鉄骨ものづくりのいま。Part.1

 東京オリンピック開催を2年後に控え、競技施設などの建設が急ピッチで進んでいる。ほとんどの施設は2019年末には完成する予定で、各建設地ではデザイン性に富んだ施設の全体が見えてきた。特集では、競技施設のうち、主力となる新国立競技場、オリンピックアクアティクスセンター、有明アリーナ、有明体操競技場、有明テニスの森、日本武道館中道場棟 増築 本館改修、東京国際展示場増築棟(東京ビッグサイト)の建設状況をカラーで紹介する。全国鐵構工業協会の「鉄骨技術研究開発助成制度」による研究論文も紹介。

・特集:鉄骨ものづくりのいま。Part.2

 特集では、今年秋に実施された「鉄骨製作管理技術者」の平成30年度試験問題1級・2級の試験問題と解答を紹介。試験問題は全文を掲載し、ファブを除く鉄骨関連技術者らによる模範解答も示す。わが国では、産業を問わず、データ改ざんなどの不祥事が相次ぎ、技術立国として名をはせたものづくりの根幹が揺らいでいる。建築業界でもオイルダンパーのデータ改ざんにより、建物の安全・安心が揺らぐ事態となっている。「鉄骨製作管理技術者」は鉄骨品質確保のかなめであり、「試験問題と解答」は誰もが学べるテキストとなる。

特集:鉄骨ものづくりのいま。

「東京駅周辺」の超高層ビル建設が本格化/東京五輪施設建設の現在
 ――編集部
「鉄骨技術研究開発助成制度」について
 ――全国鐵構工業協会
実大柱梁部分架構の浸漬実験によるめっき割れに関する検討
 ――藤木鉄工/田中亜鉛鍍金/神戸大学
30度開先の実用化に向けた炭酸ガスアーク溶接における機械的性能に及ぼす影響
 ――山梨県鉄構溶接協会
鉄骨製作管理技術者 平成30年度 試験問題1級
鉄骨製作管理技術者 平成30年度 試験問題2級
鉄骨製作管理技術者 平成30年度 試験問題1・2級解答

・[gallery] 気仙沼市魚市場

立体解析と非線形振動解析〈下〉
 ――大越 俊男

学生サマーセミナー2018 2018.7.14(SAT)
 集積あるいは変化するストラクチュラルアート

●News

・東京五輪2020組織委員会 「有明体操競技場」大屋根のリフトアップ公開
・日建設計 構造設計グループ企画展示「STRACTS」開催
・建築ピボット 「DRA-CAD17シリーズ」を発売
・竹中工務店 基礎工事工法「W埋込工法」を開発
・新日鉄住金エンジニアリング 「(仮称)アイ ミッションズ パーク市川塩浜」に着工

●Event

・日本建築学会 「構造デザインフォーラム2018」を開催
・日本建築構造技術者協会 JSCAシンポジウム「構造デザイン その29」開催
・構造システム・グループ 「建築とITのフォーラム 2018」開催
・JSCA埼玉 「JSCA埼玉設立20周年記念式典」開催
・鉄骨建設業協会 技術発表会「飛躍に向けた新生産技術の取組み」
・SASST 「鉄骨技術フォーラム 2018」を開催

●BIM News

・A&A(エーアンドエー)「Vectorworks 2019」シリーズを発売
・Archi Future実行委員会 Archi Future 2018
・buildingSMART buildingSMART International Summit, Tokyo

●Project

・全国の建設プロジェクト―ビル/商業施設/工場/学校ほか
・全国の建設プロジェクト―Image 編
・全国の建設プロジェクト―月別分析:2018年8月
・「全国の建設プロジェクト」の見方

●Strutec Data

・2018年8月の都道府県別建築着工面積/2018年9月の建築着工面積
・2018年度上期(4-9月)の着工面積と鉄骨需要量

●Regular

・メキシコ建築を訪ねて
 ――SEWC2017参加とメキシコ建築の視察報告
 ―――06(最終回) メニルコレクション・ライス大学・ヒューストン美術館
 ――――多田 脩二/村田 龍馬/吉野 誠一
・A∩C:建築とコンピューター
 ――〈第7回〉BIMイベント来場者数が最高となるなど活発
 ―――樋口 一希
・建設関連産業の未来のための技術評論
 ――第101回 武家の戦略に学ぶ
 ―――藤盛 紀明
・とある構造技術者がみた建築
 ――第39回 石の彫刻
 ―――大氏 正嗣
・真構造道場
 ――第40回 「りぼん2018」の巻
 ―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 266
 ――「幻の名古屋オリンピック」
 ―――磐田 正晴

・人HUMAN 手塚 純一さん(戸田建設 建築設計統括部 構造設計部 室長)
201812-02

●表紙
気仙沼市魚市場
201812-00

主な紙面構成 特集/新製品・新工法
フォト・トピックス/座談会・対談/業界ダイジェスト
発行日 毎月28日発行 発行部数 10,500部(回読率約18人)
判形 A4判 読者数 189,000人
頁建て 100~116ページ サンプル こちらからサンプルがpdfでご覧頂けます。
購読料 ■1年間26,000円 ■6か月間14,500円 (送料・税込)(予約前納制) 媒体資料 こちらから媒体資料がpdfでご覧頂けます。

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら