鉄構造技術

超高層ビル、デザイン建築、空間構造など建築はますます多様化へ。

『鉄構技術』は鉄骨造建築の魅力を伝えると共に、ディテールなど細部にこだわり、設計、施工、ファブのコラボレーションを読者に伝えます。

オールカラーの「見やすい誌面」で、「読者の架け橋」となる雑誌へ。

2018年4月号 VOL.31 NO.359

201804

・[特集] 鉄骨造建築の制振・免震
・[gallery] 京都外国語大学新4号館
・[論文] 読売テレビ新社屋
・[鉄のデザイン] 京都外国語大学新4号館
・[News] テクノス・きんそく・近畿大学 建方精度管理システム「建方キング」開発
・[News] ユニオンシステム 躯体数量計算ソフトウエア「Super Build/SS7 Op.積算」
・[News] MetaMoji デジタル野帳「eYACHO for Business」バージョンアップ

・「長周期地震動対策」—大手設計、GC各社が執筆

 東日本大震災から7年が経過し、熊本地震からまもなく2年となる中、建築物の「安全・安心」への要求はさらに高まっている。好景気を背景に多様な建築物が建設されているが、過去の大震災の教訓はどのように活かされているのか。特集「鉄骨造建築の制振・免震」では、「建築物の安全・安心」をテーマとした超高層ビルの長周期地震動対策の具体例を通して、今後の耐震構造のあり方に迫る。中低層建築を対象とした制振・免震構造についても、ダンパー、制振デバイスを採用した実例をケーススタディーで紹介する。

・特集:鉄骨造建築の制振・免震

 特集では、高層建築などを中心に高まる長周期地震動対策、制振・免震技術を駆使した建築への採用例などを紹介。長周期地震動対策は、大手ゼネコン5社、設計2社が執筆、東京都庁舎の耐震改修や大阪・上町断層波に対する免震建物の設計、さらに様々な鉄骨造建築に適用した制振・免震技術など最新の鉄骨造建築の動向が分かる本格特集。制振・免震技術採用のケーススタディーは計10の建築物を紹介。メーカー各社の最新の制振工法、デバイス、免制振ダンパーなどの技術なども紹介する。

・特集:読売テレビ新社屋、京都外国語大学新4号館

 論文は読売テレビ新社屋。耐震安全性への要求度が高い施主の要望に対して、設計者は基礎免震と中間階集中制振構造とした免震+制振構造で対応した。2016年熊本地震での検証など徹底した解析手法、免制振構造採用によるディテールに対応した鉄骨製作と施工など、設計・施工・ファブリケーターのコラボレーションを紹介する。鉄のデザインは京都外国語大学新4号館。テレビ局とは異なる耐震性能や、通称ジャンクションと呼ばれる鉄骨造による通路、大空間創出のための構造設計など、鉄骨造の魅力がつたわってくる。

特集:鉄骨造建築の制振・免震

東京都庁第一本庁舎・第二本庁舎における長周期地震動対策への取り組み
 ――東京都/日本設計/小堀鐸二研究所/大成・名工・松井・小沢組建設共同企業体/鹿島・西松・東急建設共同企業体
大震研上町断層波に対する免震建物の設計
 ――日建設計
なんばスカイオの構造設計
 ――大林組
超高層ビルを長周期地震動から守る
 ――三菱地所設計/鹿島建設
シミズの長周期地震動対策
 ――清水建設
多様なニーズに応える長周期地震動対策
 ――大成建設
長周期地震動への備え
 ――竹中工務店
平面・断面形態の特殊性に対応した免震構造の適用
 ――梓設計
スター精密本社
 ――木内建設/構造計画研究所
YANMAR FLYING-Y BUILDING
 ――日建設計
極軟鋼パネル付き間柱を有する鉄骨造免震構造
 ――安井建築設計事務所
三井不動産ロジスティクスパーク茨木
 ――新日鉄住金エンジニアリング
アスペクト比の大きい超高層建物の制震構造
 ――大林組
制振・免震適用事例
 ――鹿島建設
可変減衰型ダンパーを用いた免震建物
 ――清水建設
高い構造安全性と居住性改善を実現する「制振コアフレーム」を持つ高塔状比建築
 ――大成建設
東海大学湘南校舎Techno Cube(19号館)
 ――戸田建設
Product introduction
 ――川金テクノソリューション/川金コアテック/光陽精機/新日鉄住金エンジニアリング/センクシア/ユニオンシステム/構造計画研究所/E&CS

・[gallery] 京都外国語大学新4号館

読売テレビ新社屋
 ――最高水準の安全性と安心感を実現する免震+制振構造
 ―――佐分利 和宏/前川 元伸/熊野 豪人/川上 沢馬/内山 元希

●鉄のデザイン

・京都外国語大学新4号館
 ――トリプルコア+ピン柱 構造
 ―――伊藤 潤一郎

●News

・テクノス・きんそく・近畿大学 建方精度管理システム「建方キング」を開発
・ユニオンシステム 躯体数量計算ソフトウエア「Super Build/SS7 Op.積算」
・MetaMoJi デジタル野帳「eYACHO for Business」バージョンアップ

●Event

・日本ファシリティマネジメント協会 「第12回 ファシリティマネジメント大会」開催

●Project

・全国の建設プロジェクト―ビル/商業施設/工場/学校ほか
・全国の建設プロジェクト―Image 編
・全国の建設プロジェクト―月別分析:2017年12月
・三菱地所 「東京駅前常盤橋プロジェクト」A棟新築工事着工

●Strutec Data

・2017年12月の都道府県別建築着工面積/2018年1月の建築着工面積
・2017暦年の推定鉄骨需要量
・2017暦年の都道府県別推定鉄骨需要量

●Regular

・IASS 2016 TOKYO
 ――21世紀の空間構造の現状と展望
 ―――第九回 IASS 2016 東京シンポジウム報告(9)
 ――――松本 幸大/熊谷 祥吾/小澤 雄樹/鈴木 悠介
・建設関連産業の未来のための技術評論
 ――第93回 5G(第5世代通信規格)の建設への適用
 ―――藤盛 紀明
・とある構造技術者がみた建築
 ――第31回 建築家・構造家
 ―――大氏 正嗣
・真構造道場
 ――第32回 「2018年花蓮地震」の巻
 ―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 258
 ――「財産」
 ―――森田 敏

●表紙
京都外国語大学新4号館
201804-00

主な紙面構成 特集/新製品・新工法
フォト・トピックス/座談会・対談/業界ダイジェスト
発行日 毎月28日発行 発行部数 10,500部(回読率約18人)
判形 A4判 読者数 189,000人
頁建て 100~116ページ サンプル こちらからサンプルがpdfでご覧頂けます。
購読料 ■1年間26,000円 ■6か月間14,500円 (送料・税込)(予約前納制) 媒体資料 こちらから媒体資料がpdfでご覧頂けます。

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら