鉄構造技術

超高層ビル、デザイン建築、空間構造など建築はますます多様化へ。

『鉄構技術』は鉄骨造建築の魅力を伝えると共に、ディテールなど細部にこだわり、設計、施工、ファブのコラボレーションを読者に伝えます。

オールカラーの「見やすい誌面」で、「読者の架け橋」となる雑誌へ。

2019年8月号 VOL.32 NO.375

201908-00

・[特集1] 鉄のCollaboration
・[特集2] 大空間構造の魅力と課題
・[gallery] 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
・[論文] 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
・[News] 日鉄溶接工業 混合ガス用FCW「SX-A」シリーズを発売
・[News] JSCA 第30回JSCA賞。伊藤氏が「作品賞」受賞
・[人HUMAN] 榊間隆之さん

・高付加価値型の鉄骨製作への期待

 ここ数年、意匠性の高い鉄骨造建築が増えてきたが、一方ではこのような建物の設計を手掛けるアトリエ系の構造設計者からは「鉄骨製作の引き受け手を探すのに苦労している」という声を聞く。柱コラム-梁H形鋼の整形のラーメン構造はコラムや形鋼加工が自動化できる、いわば「量産型」の鉄骨製作だが、形状が複雑で柱-柱、柱-梁接合が複雑な上、手作業が中心で高い技術力が求められる「高付加価値型」鉄骨は、鉄骨造建築の可能性を広げるための重要な要素。特集1「鉄のCollaboration」は、構造設計者とファブリケーターの協働の可能性に迫る。

・特集1:鉄のCollaboration

 「鉄のコラボレーション」は、鉄骨造建築は多様なデザインが溢れている。これまでの柱コラム-梁H形鋼によるラーメン構造だけではなく、空間構造やハイブリッド構造、意匠性の高いデザインビルなど、鉄骨製作の可能性が構造設計のディテールなどを左右する建築物も増えてきた。構造設計者、鉄構関連メーカーは、ファブリケーターに対して何をすべきなのか。構造設計者14人がこれまで実際に建築された建物でどのようなCollaborationが実現したのか、今後のファブとの連携を含めて執筆。エンジニアリング会社、機器メーカーは鉄骨製作の省力化などを提案。

・特集2:大空間構造の魅力と課題

 スタジアムや競技場は超高層ビルなどと異なり、上部に大空間の屋根を持っているのが特徴で、競技場そのものの構造がS造またはRC造であっても、競技場を覆う屋根はS造が採用され、できるだけ軽量な上、ディテールなど構造設計に技術力が要求され、トラスなど鉄骨製作には高い技術力が求められる。特集では、大架構の屋根をもつ大空間構造を取り上げる。斎藤公男・日本大学名誉教授が「カウントダウン2020―『代々木』から『有明』へ」をテーマに執筆。「Jヴィレッジ全天候型練習場」や先ごろ報道時に公開した新国立競技場、オリンピック競技施設も紹介する。

特集1:鉄のCollaboration

中庭の家
 ――Arup
Collaborationとは
 ――梅沢建築構造研究所
ものづくりのイメージの共有
 ――金箱構造設計事務所
北方町庁舎
 ――構造計画プラス・ワン
技術者同士の対話と挑戦
 ――JSD
日本における鉄骨ファブの技術力
 ――多田脩二構造設計事務所/千葉工業大学
空間を邪魔しない耐震補強
 ――ISGW
鋼構造は今・・・
 ――中田捷夫研究室
フィーレンディールのブリッジ
 ――星野建築構造設計事務所
高精度な建方の実現
 ――ティ・アンド・エイ アソシエイツ
小規模鉄骨架構におけるCollaboration
 ――山脇克彦建築構造設計
魅力ある空間の共有化と協働作業
 ――北海道日建設計
ファブリケーターとの協働による「ものづくり」の醍醐味
 ――KAP
極めてスレンダーな小径圧延角鋼を柱に用いた架構
 ――竹中工務店
設計から製作・施工へ
 ――日鉄エンジニアリング
鉄骨天吊梁溶接システム
 ――神戸製鋼所
形鋼一次加工とその先の効率化
 ――大東精機
ファブのための鉄骨BIMへ
 ――タイワ

特集2:大空間構造の魅力と課題

カウントダウン2020
 ――斎藤 公男
ヴィレッジ全天候型練習場
 ――佐藤総合計画/前田建設工業
JSC 新国立競技場を報道陣に公開
 ――編集部
東京都 東京五輪4施設を報道陣に公開
 ――編集部

・[gallery] 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院

超高層大型免震病院の設計と施工
 ――国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
 ―――石坂 隆幸/川又 哲也/平井 宏幸/加茂川 智哉/出野 哲也/工藤 真温

●News

・日鉄溶接工業 混合ガス用FCW「SX-A」シリーズを発売
・JSCA 第30回JSCA賞。伊藤氏が「作品賞」受賞
・アマダ 先端技術採用のファイバーレーザマシン発売

●Event

・日本建築学会 「シェル・空間構造」セミナー2019開催
・A-Forum 「モダニズムの軌跡(1964-2020)」開催
・JSCA 「第30回(2019年度)通常総会」を開催
・『世界建築史 15講』編集委員会 『世界建築史 15講』出版記念講演会開催
・受賞記念事業実行委員会 木村・東北大教授の科学技術賞受賞記念祝賀会

●BIM News

・グラフィソフトジャパン 「Solibri Product Family」を拡張しリリース
・トリンブル・ソリューションズ 「テクラ・スキルアップセミナー 2019」開催

●Project

・全国の建設プロジェクト―一覧表
・全国の建設プロジェクト―Image編
・全国の建設プロジェクト―月別分析:2019年4月
・「全国の建設プロジェクト」の見方

●Strutec Data

・2019年4月の都道府県別建築着工面積/2019年5月の建築着工面積

●Regular

・A∩C:建築とコンピューター
 ――〈第14回〉「官」「民」挙げてのBIM化で進化するBIM関連ソフト
 ―――樋口 一希
・建設関連産業の未来のための技術評論
 ――第109回 考古学の年代測定法と鉄骨非破壊検査
 ―――藤盛 紀明
・とある構造技術者がみた建築
 ――第47回 地方創生は認識から
 ―――大氏 正嗣
・真構造道場
 ――第48回 「小説より奇なり」の巻
 ―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 274
 ――「プライド」
 ―――小松 正道

・人HUMAN 榊間 隆之さん(清水建設 執行役員 設計本部副本部長)
201908-02

●表紙
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
201908-01

主な紙面構成 特集/新製品・新工法
フォト・トピックス/座談会・対談/業界ダイジェスト
発行日 毎月28日発行 発行部数 10,500部(回読率約18人)
判形 A4判 読者数 189,000人
頁建て 100~116ページ サンプル こちらからサンプルがpdfでご覧頂けます。
購読料 ■1年間26,000円 ■6か月間14,500円 (送料・税込)(予約前納制) 媒体資料 こちらから媒体資料がpdfでご覧頂けます。

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら