鉄構技術記事詳細

200805

2008年5月号 VOL.21 NO.240

・鉄骨ものづくり第1弾

改正建基法と建築構造用鋼材
6月20日施行から約10カ月。建築着工は依然低迷し、「不透明感」が鮮明に…………編集部
建築確認申請と「あらかじめの検討」について…………春原 匡利
建築構造用冷間成形角形鋼管BCR・BCP
「構造規定の告示化」で普及にはずみ
設計・施工マニュアルは夏ごろ改訂、BCRは低層・小規模建築へ拡大
国土交通大臣認定の建築構造用鋼材一覧
・建築鉄骨構造技術支援協会 シンポジウム
「建築基準法改正の影響を考える」<下>

・短期集中連載〈11〉

建築工事標準仕様書JASS 6 鉄骨工事―改定のポイント

鉄骨工事技術指針・工場製作編―改定前、改定後を徹底比較―
―5節 溶接(5.15 ロボット溶接法)
・Interaction&Collaboration

鉄とガラスの参道

勝どき6丁目ガラスルーフの設計と施工
―城戸 隆宏/斎藤 公男/田畑 英樹
・Photo Topics

モード学園スパイラルタワーズが竣工

スパイラル状の外観デザイン。学生が社会へはばたく様をモチーフに。
鉄骨使用量約1万t。川鉄橋梁鉄構が窓口となり、6社が鉄骨を製作。
・全国の大規模工場・大型店舗建設一覧
・掲示板 JSSC 2007年度 鉄骨管理技責任者認定考査―新規登録者426名、更新557名
・News Up
秋山宏・日本大学教授が最終講義/2008年建築学会賞―大賞に和泉、小野の両氏
日本建築学会が若手構造設計者対象に講演会/日本建築学会がアーキニアリングデザイン・フォーラムを開催
・機器ニュース
 神戸製鋼 コア連結2アークロボットが好調
 神戸製鋼 「鉄骨梁溶接システム」を新開発
・連載

豊かな文化遺産と変われない社会
―インドの歴史と建築を巡って―

第2回 SEWC2007会議報告
…………………………………………日下 哲(竹中工務店)

・掲示板
全構協 平成19年度前期性能評価適合工場
―H29、M94、R82、J15の計220工場

・Strutect 福本早苗さん (武庫川女子大学生活環境学部建築学科教授)
鉄構技術

・リレーエッセイ 140
 構造設計をするということは?………………………………鵜飼邦夫
・Essay モノつくりが創る美 -89-
 常に中心に立つことが分野征服の道か―宇宙の中心:アンコールトムのバイヨン
……………………………豊田政男

・随筆 77
 オスカーピーターソン………………………………………………………深見 準一
・Strutec data
2008年2月の構造別着工面積

・表紙説明
勝どき六丁目地区第一種市街地再開発事業
(THE TOKYO TOWERS)ガラスルーフ
鉄構技術
約2800の戸数を有する、高さ200mのツインタワーの勝どき六丁目地区第一種市街地再開発事業(THE TOKYO TOWERS)。その足元を飾るガラスルーフは低層部居住者がGLレベルから人工地盤レベルのメインエントランスまでのアプローチにおいて雨風をしのぐ参道となっており、ミッドゲート、エアリーコリドー、アクアステージの3つに分かれている(写真はアクアステージ)。メインの外構空間であるアクアステージは、約40mの直径のガラスによるオーバルリングの内径部に水盤を有した放射状スケルション構造となっている。建築主は勝どき6丁目地区再開発組合、設計監理は住友商事一級建築士事務所、ランドスケープデザイン・デザイン監修は山下設計、施工は前田建設工業・大成建設JV、技術指導は斎藤公男教授。鉄構エンジニアは新日鉄エンジニアリング、鉄骨製作は川重鉄構工事。

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら