鉄構技術記事詳細

201608

2016年8月号 VOL.29 NO.339

・[特集] コンピューターと設計・施工の効率化
・[gallery] 成田富里徳洲会病院
・[論文] 成田富里徳洲会病院
・[News] 熊本地震―住宅被害は全・半壊などで15万棟
・[News] JSC 新国立競技場建設、基本設計終え模型を公開
・[News] JSCA 第27回JSCA賞。村上氏が「作品賞」を受賞
・[人HUMAN] 大越 潤さん

 「コンピューターと設計・施工の効率化」。IT化の波が建築業界に急速に広がる中、最も適用が進むBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を特集する。BIMとは何か、どこまで進んでいるか。設計・施工・鉄骨製作に至るすべての工程に適用するフルBIMのプロジェクトも増えてきたが、組織設計事務所、ゼネコンはどのようにコンピューターを用いて作業効率を上げているか。設計・ゼネコン・ファブリケーターの設計情報の共有化の進展と課題は何か。鉄骨加工とのソフトウエア連携などが進む中、「コンピューターと設計・施工の効率化」にスポットを当てた本格特集。

・鉄骨ファブとのデータ連携-ゼネコンの対応の現状

 BIMの本格適用で課題となるのは、設計-ファブ、施工-ファブとのデータ連携。鉄骨造建築の3次元情報をどのように共有するか、3次元データをいかに鉄骨製作情報に展開するか。鉄骨製作を担うファブとのBIMデータ連携について、ゼネコン6社(安藤ハザマ、大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店)が具体的にその方法を示す。設計は日建設計、藤岡郁建築設計事務所、安井建築設計事務所の3社にインタビューした。最新のソトウエアも13社が紹介する。

・「計画」から「本格着工」へ。大型再開発プロジェクトを紹介

 鉄骨市場を押し上げると期待が高まる大型再開発プロジェクト。建設計画は建設ラッシュとなった「バブル」期を上回ると言われる中、「建設計画」から「本格建設」段階を迎えている。今月号では、着工(計画)したJPビルディング建替計画(延床面積約2万9,000m2、鉄骨所要量約4,300t、東京・日本橋)、虎ノ門トラストシティ ワールドゲート(延床面積約21万m2、鉄骨所要量約4万t、東京・虎ノ門)、OH-1計画(超高層ビル2棟、延床面積約36万m2、鉄骨所要量約6万5,000t、東京・大手町)の3件を紹介する。

特集:コンピューターと設計・施工の効率化

設計サイドから見た効率化ー手戻りの少ない設計とは
 ――山梨 知彦(日建設計)
個人事務所におけるBIMによる効率化とは?
 ――藤岡 郁(藤岡郁建築設計事務所)
BIM活用による構造設計業務の効率化について
 ――安井建築設計事務所
BIM実務応用 設備から鉄骨加工への梁貫通孔連携
 ――安藤ハザマ
データ連携による建築生産プロセスの改善ー鉄骨FABとのデータ連携ー
 ――大林組
超大型、超短工期現場でのBIMデータのファブ連携
 ――鹿島建設
鋼構造建築のBIMーKAPシステムを利用した取り組み
 ――清水建設
鉄骨詳細設計へのBIM展開ーRevit-すけるTON連携の狙い
 ――大成建設
BIMの鉄骨工事での活用ーゼネコンでの活用とFABとの連携
 ――竹中工務店
Grasshopperを使用した構造解析データの作成とSNAPによる構造解析
 ――アプリクラフト/構造システム
ソフトウエアー製品紹介
 ――エーアンドエー/オートデスク/グラフィソフトジャパン/フォーラムエイト/
  トリンブル・ソリューションズ/構造システム/日積サーベイ/
  ドッドウエル ビー・エム・エス/データロジック/ファーストクルー/東京鐵骨橋梁/
  タイワ/ソフトウェアセンター/カルテック

・[gallery] 成田富里徳洲会病院

成田富里徳洲会病院
 ――複合構造梁・テンセグリックトラスを採用した大規模免震病院
 ―――藤田 啓史/柳沼 大樹/北村 圭/実石 明

●News

・熊本県災害対策本部 熊本地震ー住宅被害は全・半壊などで15万棟
・JSC 新国立競技場建設、基本設計終え模型を公開
・JSCA 第27回JSCA賞。村上氏が「作品賞」を受賞
・大林組 「東京流通センター 物流ビルB棟」に環境技術を採用
・京都大学建築学教室・京大建築会 「吹田啓一郎先生を送る会」がしめやかに

●Event

・国際女性建築家会議日本支部 UIFA JAPON講演会「新しい建築のみかた」
・A-Forum 第13回フォーラム「どうする? 構造設計」開催
・IASS2016組織委員会 「TOKYO2020オリンピック大会の施設」
・高層ビルと都市居住協議会 「2016年 日中韓-高層建築フォーラム」開催
・JSCA 「第27回(2016年度)通常総会」を開催
・ASDO・JSCA東京 研修会「リアルタイム衛星測位による新しい地震予測への期待」
・日本鋼構造協会 「2016年度定時社員総会」を開催/東京構造設計事務所協会 ASDOが「2016年定期総会」を開催

●BIM News

・清水建設 設備と梁スリーブのBIMデータ連携を実現

●Project

・全国の建設プロジェクト―ビル/商業施設/工場/学校ほか
・全国の建設プロジェクト―Image 編
・全国の建設プロジェクト―月別分析:2016年4月
・「(仮称)JPビルディング建替計画」
・「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」
・「(仮称)OH-1計画」が本格化

●Strutec Data

・2016年4月の都道府県別建築着工面積/2016年5月の建築着工面積

●Regular

・建設関連産業の未来のための技術評論
 ―第73回 新説・鉄の起源と展開
 ―――藤盛 紀明
・とある構造技術者がみた建築
 ―第11回 建設業女性化
 ―――大氏 正嗣
・真構造道場
 ―第12回 「1945.08.06」の巻
 ―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 238
 ―「実務4年が経って今感じていること」
 ―――芦立 香織

・人HUMAN 大越 潤さん(大成建設)  
201608-01

●表紙
成田富里徳洲会病院
201608-00

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら