鉄構技術記事詳細

201705-01

2017年6月号 VOL.30 NO.349

・[特集] 建築業界におけるコンピューターの可能性
・[gallery] 太田市美術館・図書館
・[鉄のデザイン] 太田市美術館・図書館
・[BRAND NEW PRODUCTS] スマートフィット工法 センクシア
・[News]JFEスチール 国内最大厚の「冷間コラム」を商品化
・[News] 日本建築学会 「2017年日本建築学会賞」決まる
・[News] 大林組 既存天井落下防止構法「フェイルセーフシーリング」の適用範囲拡大

建築におけるコンピューター化の波に注目

 本誌は「建築とコンピューター」をテーマに年2回の特集を計画。6月号は「建築業界におけるコンピューターの可能性」をテーマに、設計などにおける最新技術を取り上げる。第2回(12月号)は、鉄骨造建築への普及が著しいBIM(Building Information Modeling)を取り上げ、意匠・構造設計、施工、鉄骨製作などにおける適用の実際と課題を探る。特に鉄骨製作に関わる構造設計・構造図がBIMにより従来とどのように変わるかなど、具体的に紹介する。

・特集:建築業界におけるコンピューターの可能性

 コンピューターを活用した変革の波が鉄構業界に押し寄せている。鉄骨造建築へのBIM(Building Information Modeling)適用が増え、最近はよりコンピューターを活用したコンピュテーショナルデザインが注目を集めている。特集では、AI活用の可能性、コンピュテーショナルデザインの現状などを紹介する。さらに、buildingSMART Japanが推進し今後の鉄構業界のBIM推進に影響を与える「鉄骨IFC検定」についても詳述する。計11社の最新のBIMソフトウエアも紹介。

・鉄のデザイン―太田市美術館・図書館

 鉄と木などを組み合わせたハイブリッド構造がますます増えてきた。特に公共建築物にこの構造を採用するケースが増え、木によるトラス構造など日本独自の建築様式となっている。太田市美術館・図書館は、太田市が発注したRCとS造によるハイブリッド構造で、用途を5つの四角い箱(RC-BOX)とそれぞれのBOXをつなぐ外周通路(鉄骨のスロープ状のリム)で構成している。鉄骨造建築の可能性を追求した野心的建築を論文、表紙などでオールカラーで紹介。

特集:建築業界におけるコンピューターの可能性

interview 建築業界におけるコンピューターの可能性とは
 ――豊田 啓介氏(noizパートナー)
AIが生みだすアノニマスと建築家の新たな境界線
 ――角田 大輔(日建設計)
「建築業界におけるコンピューターの可能性」を読むための 初心者向け用語解説
interview Vectorworks Architectで学ぶマリオットビジュアルプログラミング
 ――今後のコンピュテーショナルデザインの教育のあり方とは?
 ―――山野 大星氏/山田 俊之氏(日本工学院)
設計プラットフォームとしてのデジタル・デザイン
 ――平島 ゆきえ(Arup)
コンピュテーショナルデザインによる総合力の強化
 ――川上 沢馬(竹中工務店)
コンピュテーショナルデザインの現状
 ――吉田 哲(日建設計)
アイデアを具現化するツール
 ――山戸 敦策(前田建設工業)
建築鉄骨分野のIFC検定に向けて
 ――鹿島 孝(bSJ/竹中工務店)
製品紹介
 ――エーアンドエー/オートデスク/グラフィソフトジャパン/トリンブル・ソリューションズ/ソフトウェアセンター/カルテック/アプリクラフト/ドッドウエル ビー・エム・エス/データロジック/ファーストクルー/日本ファブテック/タイワ

・[gallery] 太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA

●鉄のデザイン

・太田市美術館・図書館
 ――骨組みの可視化
 ―――伊藤 潤一郎/清野 新

●BRAND NEW PRODUCTS

・スマートフィット工法
 ――センクシア

●News

・JFEスチール 国内最大厚の「冷間コラム」を商品化
・日本建築学会 「2017年日本建築学会賞」決まる
・大林組 既存天井落下防止構法「フェイルセーフシーリング®」の適用範囲拡大
・安藤ハザマ・西武建設 耐震補強構法「KG構法」に完全外部施工方法を追加
・青木あすなろ建設 耐震天井工法「AA-TEC工法」を開発

●Event

・岡部 「創業百周年記念祝賀会」を盛大に開催

●BIM News

・トリンブル・ソリューションズ 「テクラ・ユーザーデイ 2017」を開催
・オートデスク 建築用BIMソフトウエア最新版をリリース
・米オートデスク インク 日建設計とパートナーシップを締結
 ――ソフトウェアセンター 「SSC-梁貫通孔設置範囲 for ARCHICAD 20」リリース
・鹿島建設 BIM専業の新会社「グローバルBIM」を設立

●Project

・全国の建設プロジェクト―ビル/商業施設/工場/学校ほか
・全国の建設プロジェクト―Image 編
・全国の建設プロジェクト―月別分析:2017年2月
・森ビルなど4社 銀座エリア最大の複合施設「GINZA SIX」開業

●Strutec Data

・2017年2月の都道府県別建築着工面積/2017年3月の建築着工面積
・2016年度の着工面積と鉄骨需要量

●Regular

・建設関連産業の未来のための技術評論
 ――第83回 AIと建築
 ―――藤盛 紀明
・とある構造技術者がみた建築
 ――第21回 価格破壊の可能性
 ―――大氏 正嗣
・真構造道場
 ――第22回 「水屋を備えた屋敷」の巻
 ―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 248
 ――「雪国育ちの構造雑感」
 ―――石丸 修二

●表紙
太田市美術館・図書館
201705-00

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら