鉄構技術記事詳細

201401

2014年1月号 VOL.27 NO.308

・[特集]2014再開発プロジェクトの展望
・[TOKYO ● 2020]世紀の祭典 2020年東京オリンピック
・リニューアルのお知らせ。
・アーキニアリング・デザイン展2013
・東京スクエアガーデン
・リニューアルのお知らせ。
・[人HUMAN]金田 勝徳さん

・特集:全頁をリニューアル-より見やすい誌面へ刷新

 本誌は昨年、創刊300号と創刊25周年を迎えました。2014年は次の30周年に向けた再スタートの年で、より見やすい誌面を目指し1月号から全頁をリニューアル。『鉄構技術』の題字を従来の明朝体からゴチック体のロゴに変更し、よりシンプルに、そして表紙を飾る建築物の魅力がより伝わるデザインとした。職能別に色分けindexも付け、実務者から建築を志す学生まで幅広い読者に「読みやすい」誌面編集を心がけた。双方向により読者の架け橋となる雑誌にご期待ください。

・「2014再開発プロジェクト」の展望

 昨年夏ごろから鉄骨造建築の着工数が急激に増え、鉄構業界はバブル経済と呼ばれた1990年代前半以来の活況を呈し、推定鉄骨需要量も年間500万t台まで回復してきた。ここ数年、大型再開発プロジェクトは建築計画の延期・棚上げ、見通しの不透明などが続いていたが、昨秋から計画の具体化や延期されていたプロジェクトの建設着工も増えてきた。特集では、本格着工する大型再開発プロジェクト、鉄骨造の魅力を引き出す中低層プロジェクトを紹介する。

・「2020東京オリンピック」と「新国立競技場」を特集

 世紀の祭典として期待される「2020東京オリンピック」。今後、交通機関・道路などのインフラ整備、地震など災害に強い都市空間の構築など、鉄構業界にとって建築ラッシュが期待されている。特集では、東京臨海部に建設される競技施設の完成イメージをオールカラーで紹介。同時に、オリンピックのメインスタジアムとなる世紀の大プロジェクト「新国立競技場」建設に向けて、第一弾として国際デザイン・コンクールで最終選考に残った計11の最優秀作品候補を紹介する。

●特集:2014再開発プロジェクトの展望

・2014再開発プロジェクトの展望

東京スクエアガーデン

●TOKYO ● 2020

・世紀の祭典 2020年東京オリンピック
・世紀の大プロジェクト 「新国立競技場」建設

リニューアルのお知らせ。

アーキニアリング・デザイン展2013

東京スクエアガーデン
―環境共生型CO2複合ビル―
―――酒井 恒幸/久保山 寛之

●News

・A&A(エーアンドエー) 「Vectorworks 2014」シリーズを発売
・新日鉄住金 スーパーダイマがエコプロダクツ大賞受賞

●BIM News

・日建設計・GRAPHISOFT SE 「戦略的パートナーシップ」結び、BIMを推進
・ソフトウェアセンター 構造躯体変換ソフト「SSC for ArchiCAD17」リリース
・オートデスク BIM・クラウド活用の「設計改革事例セミナー」開催

●Event

・A&A(エーアンドエー) 「Vectorworks 2014」新製品先行発表会
・ベントレー・システムズ 国際建設プロジェクトマネジメントセミナー
・構造システム・グループ 「建築とITのフォーラム 2013」を開催
・日本鉄鋼連盟 講習会「建築構造用鋼材とその利用技術」
・日本建築学会 第19回「構造デザインフォーラム」を開催
・東京構造設計事務所協会 「ASDO 第3回技術交流会」を開催
・日本鋼構造協会(JSSC) 「鋼構造シンポジウム2013」を開催
・ユニオンシステム 基礎免震構造設計への設計支援システム開発

●Project

・デザイン刷新し、「月別分析ページ」に新企画
・全国の建設プロジェクト―ビル/商業施設/工場/学校ほか
・全国の建設プロジェクト―Image 編
・全国の建設プロジェクト―月別分析:2013年9月

●年間総目次

・年間総目次
―2013年1月~2013年12月(Vol.26 通巻296~307)―

●Strutec Data

・2013年9月の都道府県別建築着工面積/2013年10月の建築着工面積
・2013年度上期(4-9月)の着工面積と鉄骨需要量

●Regular

・体験的な「溶接と強さ」の話
―その57 鉄鋼を創る技術は微分よりは積分かー我が国が先行した鉄鋼材料の高性能化を支えた制御圧延技術―
―――豊田 政男
・建設関連産業の未来のための技術評論
―第42回 ITの光と陰
―――藤盛 紀明
・構造道場
―第16回 「安政の大地震」の巻―
―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 207 「構造設計者としての日々」
―――岸本 進史
・随筆143 て:寺田寅彦
―――深見 準一

・人HUMAN金田 勝徳さん
鉄構技術
―構造計画プラス・ワン代表取締役―

●表紙
東京スクエアガーデン
鉄構技術

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら