鉄構技術記事詳細

201803

2018年3月号 VOL.31 NO.358

・[特集1] 鉄のデザイン
・[特集2] 再開発プロジェクトの展望 Part.3
・[gallery] 鉄のログハウス
・[論文] 熊本大学臨床研究棟
・[論文] 厚肉ロールコラム及びカクホットに対する超音波探傷試験条件の検討
・[Topics] 母屋・胴縁類の取り付けに使用する六角ボルト・ナットについて
・[人HUMAN] 奥出 久人さん

・「鉄のデザイン」、「東京五輪施設」を特集

 鉄骨造は柱コラム-梁H形鋼が標準形式だが、特集「鉄のデザイン」では、鉄そのものの魅力を引き出し、鉄骨造の可能性を広げた建築物を紹介する。「東京五輪施設」は「建設のいま」をテーマに、計11の競技・関連施設をオールカラーで紹介。「再開発プロジェクトPart.3」では、全国の代表的な計16プロジェクトを取り上げる。さらに、高強度鋼材など柱材が多様化する中、溶接接合部の品質確保に役立つ「厚肉ロールコラムの超音波探傷試験」、六角ボルト・ナットの適用幅を広げる日本ねじ工業協会の寄稿文にも注目。

・特集:鉄のデザイン

 建築業界は、2年後の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、これまでの建築デザインとは異なる様々な鉄骨造建築が建てられている。新築建物、改修、住宅などを問わず、そのデザインを実現するために、構造設計者は様々な工夫を凝らしている。特集「鉄のデザイン」では、これまでの柱コラム、梁H形鋼という鉄骨造建築の枠を超え、鉄そのものの特性を活かした構造デザインを採用した建築物などについて3氏の構造設計者が執筆。斎藤公男・日本大学名誉教授監修による「アーキニアリング・デザイン展2017」も特集で紹介する。

・特集:東京五輪施設—建設のいま

 2年後に迫った「2020東京五輪」。来年の完成に向け、今年は競技施設・関連施設の建設が始まる「本格着工年」となる。特集「東京五輪施設—建設のいま」は、鉄骨工事が始まったオリンピックアクアティクスセンター、東京国際展示場増築棟(東京ビッグサイト)、基礎工事に着工した有明アリーナなど、計11の競技施設・関連施設の「建設のいま」を紹介する。「2018 再開発プロジェクト Part.3」は、超高層ビル、第2の再開発が始まった横浜・MM21地区、岐阜県庁舎、大阪・茨木市のデサントR&Dセンタープロジェクトなどを紹介。

特集1:鉄のデザイン

鉄のログハウス
 ――佐藤 淳
板蕎麦 香り家 京橋店
 ――白髪 誠一
既存倉庫改修&鉄とガラスの建築
 ――桝田 洋子

特集2:再開発プロジェクトの展望 Part.3

再開発プロジェクトの展望 Part.3
TOKYO●2020 東京五輪施設ー建設のいま
全国の建設プロジェクト―ビル/商業施設/工場/学校ほか
全国の建設プロジェクト―Image 編
全国の建設プロジェクト―月別分析:2017年11月
全国の建設プロジェクト―月別分析:お詫び・訂正のお願い

・[gallery] 鉄のログハウス

熊本大学臨床研究棟
 ――実験・研究施設における新たなシステム「スキンフレーム」
 ―――庄﨑 宏治/福田 哲也/千馬 一哉/河合 正理/渡部 直之
厚肉ロールコラム及びカクホットに対する超音波探傷試験条件の検討
 ――笠原 基弘/下川 弘海/安田 享平
母屋・胴縁類の取り付けに使用する六角ボルト・ナットについて
 ――一般社団法人 日本ねじ工業協会 建築委員会

アーキニアリング・デザイン(AND)展2017
 ――“木でつくるつくりかた”
 ―――斎藤 公男/加藤 詞史/萩生田 秀之

●News

・建築ピボット 避難計算ソフトウエア「避難検証法 Ver.3」新発売

●Event

・ファーストクルー 「FAST Hybrid⇔Revit 双方向ダイレクト連携説明会」
・建築ピボット 「建築ピボットのCAD+BIM活用セミナー」開催
・ASDO・JSCA東京 研修会「エネルギー吸収部材を用いた構造デザインの可能性」
・「震災対策技術展」横浜 実行委員会/「振動技術展」実行委員会 第22回「震災対策技術展」/第9回「振動技術展」
・日本建築構造技術者協会 JSCA「2018年賀詞交歓会」を開催
・東京構造設計事務所協会 「ASDO新年会」を開催

●Strutec Data

・2017年11月の都道府県別建築着工面積/2017年12月の建築着工面積
・2017年(暦年)の着工面積と鉄骨需要量

●Regular

・IASS 2016 TOKYO
 ――21世紀の空間構造の現状と展望
 ―――第八回 IASS 2016 東京シンポジウム報告(8)
 ――――吉中 進/田村 淳一/田川 浩之/細見 亮太/木村 俊明
・建設関連産業の未来のための技術評論
 ――第92回 逼迫する巨大地震を考える
 ―――藤盛 紀明
・とある構造技術者がみた建築
 ――第30回 時間と建築デザイン
 ―――大氏 正嗣
・真構造道場
 ――第31回 「曽田研究会」の巻
 ―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 257
 ――あなたはASDOを知らない
 ―――岡本 憲尚

・人HUMAN 奥出 久人さん(竹中工務店 設計部 構造部門構造5グループ長)
201803-00

●表紙
鉄のログハウス
201803-01

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら