鉄構技術記事詳細

201503

2015年3月号 VOL.28 NO.322

・[特集1]鉄骨造建築の制振・免震
・[特集2]再開発プロジェクトの展望
・[News]JSCA 「10年後の構造設計・構造設計者」でPD
・[gallery]稲敷市立新利根小学校 体育館
・[論文]稲敷市立新利根小学校
・[論文]IASS2014(IASS-SLTE 2014) ブラジリアシンポジウム参加報告
・[人HUMAN]小野 潤一郎さん

・特集は「鉄骨造建築の制振・免震」と「再開発プロジェクト」

東日本大震災以降、建物の「安全・安心」の要求が高まり、鉄骨造建築物への免震構造の採用が増えている。ブレース・ダンパーなどを用いた耐震設計に加え、基礎免震や中間層免震などの免震構造とすることで、建築物への地震力を減らして安全性を高めるのが狙いだ。適用建物も事務所ビル、公共建築物、市庁舎、低層建築物、制振+免震、屋根免震、大型物流倉庫など多様だ。特集では「なぜ、制振・免震なのか」をテーマに計12のケーススタディを紹介する。

・「分かりやすい制振・免震」―大越氏の「入門編」計15頁を一挙掲載

長く構造設計の実務に携わり、現在東京工芸大客員教授の大越俊男氏に制振・免震の入門編として「分かりやすい制振・免震」をテーマに執筆いただいた。大越氏は楽器の音を例に地震動や固有周期を説明し、地震動、固有周期と固体の変動などについて「ばね人形」を用いるなど、「難しい固体の振動・減衰」減少を分かりやすく解説。地震などの際、なぜ建物は揺れるのか―揺れの現象や建物の振動エネルギー、耐震構造、制振構造、免震構造の核心に迫る。

・「稲敷市立新利根小学校体育館」―学校建築のモデル

地震など災害に強い建築物とは? 東日本大震災以降、建物を壊さない、地震後も早期に事業を再開するBCP(事業継続計画)、環境に優しい建築など、鉄骨造建築へのニーズが多様化している。学校建築は災害時に緊急避難場所ともなるが、「稲敷市立新利根小学校体育館」は木鋼ハイブリッド材を体育館に採用し、「強度と内部空間の温もり」を実現した。公共建築物への木材使用が活発になる中、学校建築のモデルとして注目を集める建築を紹介。

●特集1:鉄骨造建築の制振・免震

分かりやすい制振・免震

―入門編

―――大越 俊男

Case study

―日本設計/三菱地所設計/安井建築設計事務所/梓設計/久米設計/松田平田設計/大成建設/竹中工務店/戸田建設/竹内徹/JFEシビル/新日鉄住金エンジニアリング

Product introduction

―川金テクノソリューション/川金コアテック/光陽精機/JFEシビル/日立機材/ユニオンシステム

●特集2:再開発プロジェクトの展望

再開発プロジェクトの展望 Part.3

・[gallery]稲敷市立新利根小学校 体育館

稲敷市立新利根小学校
―木鋼ハイブリッド材を用いた体育館の設計
―――鈴木 光雄/曽根 拓也/三宅 由祐/徐 蕾/平林 竜次

IASS2014(IASS-SLTE 2014) ブラジリアシンポジウム参加報告

―――三木 優彰/高塚 真央/柳澤 利昌/川口 健一

●BRAND NEW PRODUCT

・柱はり接合工法 NDコア サイズメニュー拡大
―――日鐵住金建材

●News

・JSCA 「10年後の構造設計・構造設計者」でPD
・三誠・日立機材 圧縮抵抗型CFTブレース補強工法を実用化
・日鐵住金建材 「NDコア」に□350mmを追加し、2月に発売
・森ビル 「ヒルズ街育プロジェクト」が審査委員会特別賞受賞
・新日鉄住金エンジニアリング 「山九/(仮称)西神戸物流センター」を公開

●Event

・第19回「震災対策技術展」/第6回「振動技術展」
・東京構造設計事務所協会 「ASDO新年会」を開催/関西建築構造設計事務所協会 鋼構造製品テーマに「最新技術発表会」を開催

●BIM News

・オートデスク・RUG Autodesk Revit User Group Japan総会開催/ソフトウェアセンター 「TSS Converter for MIDAS iGen(S造)」リリース

●Project

・全国の建設プロジェクト―ビル/商業施設/工場/学校ほか
・全国の建設プロジェクト―Image 編
・全国の建設プロジェクト―月別分析:2014年11月
・阪神電気鉄道・阪急電鉄 「梅田1丁目1番地計画」―解体工事が本格化
・近畿大学 東大阪キャンパス整備「超近大プロジェクト」始動

●Strutec Data

・2014年11月の都道府県別建築着工面積/2014年12月の建築着工面積
・2014年(暦年)の着工面積と鉄骨需要量

●Regular

・地震と建築
―第5回
―――大越 俊男
・建設関連産業の未来のための技術評論
―第56回 阪神・淡路大震災から20年
―――藤盛 紀明
・構造道場
―第30回(最終回) 「卒業」の巻
―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 221 「忘れないようにしていること」
―――矢沢 秀周
・随筆157 む:麦とろ
―――深見 準一

・人HUMAN 小野 潤一郎さん
鉄構技術
―日建設計 構造設計部長

●表紙
稲敷市立新利根小学校 体育館
鉄構技術

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら