鋼構造ジャーナル記事一覧

20190715

2019年7月15日号 NO.1935

●設立後初の「検査技術者試験」/鉄骨技術者教育センター
●活動報告や意見交換を実施/全構協と青年部会が懇談会
●S造は18県で増加/5月の都道府県別着工統計
●技能実習生の受入基準強化/国土交通省
●『40周年記念!工場見学会』開催/東北鉄骨橋梁(宮城)
●人と話題/鈴木智晴氏・那須電機鉄工社長に就任
●新社長登場/比嘉工業(沖縄)・新里孝夫氏
●特集/建築鉄骨の図面
●関東版
●近畿版
●新社長登場/大正鉄工所(大阪)・大谷正詩氏
続きを読む
20190708

2019年7月8日号 NO.1934

●東京五輪関連施設の整備状況を公開/JSC・東京都
●推定鉄骨需要量は約38万㌧/国交省5月着工統計
●藤野陽三会長が『記念講演』/鋼構造協会が定時社員総会
●新社長登場/中村鉄工所(新潟)・中村貴宏氏
●「第2回安全推進大会」を開催/谷村製作所(東京)
●コア・ピープル/林康雄氏・土木学会新会長
●特集/全国ビルトH工業会西日本支部創立35周年
●中国版
●九州版
●成果発表会と総会を開催/エコザック普及協議会
●ひと/奥村剛氏・長野県Mグレード部会新部会長
続きを読む
20190701

2019年7月1日号 NO.1933

●役員改選で岡田会長を再任/全国ビルトH工業会が総会
●第1回定時総会を開催/鉄骨技術者教育センター
●五輪施設の現場見学会を開催/関東Hグレード協議会
●「全社安全大会」開く/日本ファブテック
●「安全大会」を開催/清松総合鐵工(大分)
●ファイバーレーザ切断機を導入/小野建
●「創立15周年の集い」/テクノスチールダイシン(栃木)
●「19年度CFT構造賞」を発表/新都市ハウジング協会
●特集/「安全衛生」
●関東版
●中部版
続きを読む
20190624

2019年6月24日号 NO.1932

●「相互信頼と協調、団結」/全構協九州支部・H部会が総会
●トーネジ、JAXAを見学/東京鉄構3団体が研修旅行
●H形鋼は横ばいの8万7千円/6月物価調査会価格調査
●新検定員向け研修会に11人/AW検定協会西日本
●「第30回JSCA賞」発表/日本建築構造技術者協会
●新専務理事/辰巳功氏(全構協)
●外国人技能者の受験数が大幅増/日本溶接協会が総会
●事務所棟の改修工事が完了/横森製作所・川越工場
●近畿版
●四国版
●全品種値下げ、33カ月ぶり/東京製鉄
続きを読む
20190617

2019年6月17日号 NO.1931

●取引関係適正化の検討・推進へ/全構協・九州支部が通常総会
●「高力ボルト実態把握調査への協力」など報告/全構協・理事会
●S造は16県で増加/4月の都道府県別着工統計
●法人化後、第1回総会開く/AW検定協会東日本
●“鉄と木の共生”構造体に参画/エヌ・テック(岐阜)
●性能評価件数は277件/全鉄評が第12回株主総会
●災害防止策学ぶ/鉄建協が「安全講習会」を開催
●クローズアップ/大阪府鉄構組合の仕事確保率
●関東版
●北陸版
●新社長登場/市川鉄工(福井)・岡野義博氏
続きを読む
20190610

2019年6月10日号 NO.1930

●「安全協力会総会・安全大会」を開催/斉藤組(埼玉)
●特定技能外国人受入のニーズ調査/全国鐵構工業協会
●推定鉄骨需要量は約40万2000㌧/国交省4月着工統計
●第4期生20人がUT検査合格/COSEVCO-IMEX
●XDR溶接部可視化技術を開発/川田テクノロジーズほか3社
●新社長登場/高喜鉄工(新潟)・北村智子氏
●新事業所の完成式典を挙行/瀧上工業・瀧上建設興業
●上場大手ファブ18年度決算/売上高8社が増、2社減
●ベトナム語による安全講習で7人受講/溶接技術センター
●北海道版
●東北版
続きを読む
20190603

2019年6月3日号 NO.1929

●「安全大会」を開催/伊藤忠丸紅住商テクノスチール
●S造は26県で増加/3月の都道府県別着工統計
●第19回定時株主総会を開く/日本鉄骨評価センター
●新会長に満岡氏(IHI社長)/日本橋梁建設協会が総会
●社会貢献の使命を果たす/日本鉄塔協会が総会
●第13回総会・安全大会を開催/カメイ東京支店安全協力会
●創立50周年記念祝賀会を開催/大阪鉄鋼流通協会
●関東版
●近畿版
●「ともに持続的成長を」/全国JFE商事会が総会
●『EGリング』を改良/日本ファブテック
続きを読む
0527

2019年5月27日号 NO.1928

●高力ボルト納期長期化対策で関連団体に要請/国土交通省
●令和元年春の叙勲(国土交通省)/米森会長に旭日小綬章
●H形鋼は横ばいの8万7千円/5月物価調査会価格調査
●12名入会で検定体制を増強/AW検定協会西日本
●「鉄骨技術フォーラム18」Q&A/⑮小径角形鋼管の溶接要領
●18年度実績は4万7958㌧/鉄塔需要
●田中賞に天龍峡大橋など4件/18年度土木学会賞
●生産量と換算率をまとめる/近畿H会
●Hグレード工場ルポ/松田鋼業(東京)
●中国版
●九州版
続きを読む
20190520

2019年5月20日号 NO.1927

●22府県が前年度比で増加/18年度都道府県別鉄骨需要
●18年度の鋼橋受注実績は約30万㌧/日本橋梁建設協会
●設立20周年記念パーティーを開催/ステアックス(茨城)
●非破壊検査で社会の安全安心へ貢献/アミック(神奈川)
●「鉄骨技術フォーラム18」Q&A/⑭小梁の材質変更
●寄稿/仁坂吉伸・和歌山県知事
●『気仙沼湾横断橋』/主塔下部をFC船で架設施工
●関東版
●中部版
●新社長登場/エヌ・テック(岐阜)・西山隆志氏
●H形鋼在庫22万6500㌧/日本製鉄 ときわ会
続きを読む
20190513

2019年5月13日号 NO.1926

●対前年度比2・5%減の約508万㌧/18年度鉄骨需要
●推定鉄骨需要量は約34万㌧/国交省3月着工統計
●鋼構造分野初の科学技術賞を受賞/木村祥裕・東北大教授
●新保守管理システムを導入/阪神高速道路
●「鉄骨技術フォーラム18」Q&A/⑬梁端部、中央部、スプライスの材質
●新人研修でグループ討議/駒井ハルテック(大阪)
●地区別鉄骨景況/全国各地の動向
●新鉄構企業訪問/宮崎工業(大阪)
●近畿版
●四国版
●名古屋市などに車イス26台寄贈/全青会
続きを読む